読み書き障害がある子どもへのサポートQ&A

読み書き障害がある子どもへのサポートQ&A
(河野俊寛

読み書き障害のある子どもへのサポートQ&A

読み書き障害のある子どもへのサポートQ&A

要約

・なぜディスレクシアが起こるのか(脳科学からの見地)
・日本の学校での実体数
・英語は日本語に比べディスレクシアの割合が多い(日本2.5%に比べ米10%)
・読みには「低次の読み」(文字を音に変換して意味を理解する)と「高次の読み」(文章内容を理解する)がある
・困難さの具体事例とサポートの手立て(小〜高)
・参考文献

よかった点

・具体的事例とその手立て例を多く紹介している
・特別教育支援員がいる場合/いない場合の改善方法を示してくれている
・参考文献、関連書籍の紹介が多く、一般の人も手に取りやすそうなレベルなものばかりなので次に読む一冊を選べる

ひとこと

どのサポート事例でも言えることなんだけど、デジタルツール(ポメラスマートフォンタブレット、パソコン)の導入を紹介してくれているのはいいんだけど公的機関の理解がおいつかない。
はやく認めてくれればねー!